9 posts categorized "[7]YODAN"

2008.11.14

KAZUMASA ODA TOUR 2008 のチケットが届いた。

ダメ元で申し込んでおいたんだけど

「KAZUMASA ODA TOUR 2008」のチケットが届き、ますます貧乏な2008年晩秋。 入手できるとはゆめゆめ思っていなかったので、なんとなくアレな気分。

でも、ま、とりあえず

めでたい。

KAZUMASA ODA TOUR 2008」 のチケットが届いた。

プロだね、小田さん。

以上。

|

2008.11.12

「夜会」のチケットが届いた。

2008年も残りあと一ヶ月半ということで

今年も「夜会」のチケットが届き、いよいよ年末気分。

高価で入手が困難なチケットだったという点では

運がよかったのか悪かったのか、正直いって微妙。

ま、とりあえず

めでたい。

夜会チケット2008

以上。

|

2008.04.21

フレディ・マーキュリー「バルセロナ」はすごい。

昨日のお買い物

昨日、フレディ・マーキュリーがスペインのオペラ歌手モンセラート・カバリエと共演したアルバム「バルセロナ」を買った。

というのも、なぜか、その朝寝起きに、そんなはずはないのに「ボヘミアン・ラプソディ」が耳元で聞こえたんだ。うふふ。マジで。それもとびきり格調高く。ソラミミといえばソラミミなのかもしれないんだけれども本当に聞えたんだもん。わたくしは直感を信じるタイプだ。というか、信じたいだけなのかもしれないんだけどさ。

Continue reading "フレディ・マーキュリー「バルセロナ」はすごい。"

|

2007.12.19

おみや

昨夜東京国際フォーラムにて

開催された「中島みゆきコンサートツアー2007」は、めちゃめちゃよかった。余談だが、師走のこの時期に東京国際フォーラムに行くのは、なんか、個人的に感慨深いものがある。よい思い出があるのでな。

Continue reading "おみや"

| | Comments (1)

2007.11.28

おみや

先日人見記念講堂にて

開催されたイベント「中洲産業大学&ほぼ日刊イトイ新聞presentsはじめてのJAZZ2」は、めちゃめちゃ面白かった。ただ、若干終演時間が予定より遅くなりそうだったので、横浜の片田舎に帰らねばならないわたくしとしましては、終電に間に合わなかったらどーしようとヒヤヒヤしてしまった。だが、ま、考えてみれば、それほどの時間オーバーを会場側が許すはずはにゃいんだよね。

Continue reading "おみや"

| | Comments (1)

2007.04.20

ミリー・ヴァーノンの「イントロデューシング」

ミリー・ヴァーノンと向田邦子、縁は異なもの味なもの

今日はCDを買ってきました。

ミリー・ヴァーノン「イントロデューシング 」というアルバムです。1950年代にこのアルバム一枚を残して消えたシンガーらしい。日本ではすでに廃盤になっていたミリー・ヴァーノンのアルバムが復刻されたのには深いワケがあるようです。

Continue reading "ミリー・ヴァーノンの「イントロデューシング」"

| | Comments (1)

2006.12.09

みなみらんぼうの「ウイスキーの小瓶」

哀愁の70年代。聴こえていたのは「ウイスキーの小瓶」

ベスト~三十年目の途上にて~昨日とあるおじさんの車に同乗したところ、懐かしい曲が流れていた。みなみらんぼうの「ウイスキーの小瓶」である。なつかしいね、名曲だよね、などと話込んでいると、続いて聴こえていたのが「途上にて」だ。なんか泣かせるね、ナニゲにアングラ臭充ちるよね、などとさらに話し込んでいると、アングラ臭に追い討ちをかけたのが中山ラビ。いやん、すごくいい!

中山ラビ ゴールデン☆ベスト何でも、おじさんは最近こういう音楽を好んで聴いているらしい。ちっちゃな頃から筋金入りの洋楽おじさんが、である。意外だが、熟年ともなると日本のアングラ臭が懐かしいらしい。意外だね、洋楽好きじゃなかったっけ、などと問うと、いや実は元々こういうのが好きだったんですよとのお返事。ふーん。

以上。

|

2006.11.12

矢野顕子「いままでのやのあきこ」

雄弁な沈黙

先日とあるおじさんの車に同乗し、最近めっきり多くなったTVニュースのテロップの誤字について少しお話がはずんだ。このおじさんとお話がはずむコトはめったにない。おじさんは、たいがい寡黙でちょっと秘密主義っぽい印象がある。あ、これは余談中の余談だった。

ひとしきり話終わったあとで、しばし沈黙の時が流れた。おじさんは気をつかったらしく突然「夕べ矢野顕子の昔の曲を聴いたらサ。」と語り始めた。「ああ、最近ベスト版も出たみたいだね」と答えるわたくしの声はもはや聞こえていないようで、そのままおじさんは自分の世界に戻ってしまったらしい。そして、ポツリとつぶやいた。「良くってよくって、良すぎて涙がでたよ。」それから再び車内は沈黙に閉ざされた。

以上。

|

2005.05.25

カエターノ・ヴェローゾ東京公演

昨日は夕方から雨だった。出かけるときには、ちいさな折り畳み傘を携帯する習慣だ。けれど昨日にかぎって持っていなかった。濡れてしまった。

Continue reading "カエターノ・ヴェローゾ東京公演"

| | Comments (0)