271 posts categorized "[1]年々歳々"

2010.12.09

路地裏のおりこうちゃん。

散歩中に

みちに迷った。

あたりをみわたすと、路地裏におりこうちゃんが。

路地裏のおりこうちゃん。

以上。(てしゅと)

|

2010.12.04

冬の嵐か。

一応、

「冬の嵐」と言っておこう。

「冬の嵐が秋を吹き飛ばした」と言っておこう。

冬の嵐が。
咲いてたな、コレは。

以上。

|

2010.12.02

まるでなみだ目。

ある朝お散歩に行くと、

なんとなくセンチメンタルなツチイナゴがいた。

だってまるでなみだ目みたいで。

まるでなみだ目。
冬越しするのね、これから。

以上。

|

2010.11.29

しずかに秋が。

ああ、この明暗。

こうして、しずかに秋が終わるのか。今年も。

しずかに秋が。
なんだかんだで悩ましい陰影。

以上。

|

2010.11.28

ちょうどいい。

あたたかな昼下がり。

このくらいがちょうどいい感じの。

ちょうどいい。
山のふもとの裾模様。

以上。

|

2010.11.27

ほんとはもっとずっと。

雨上がり。

きゃめらを持っていなかったことを悔やんだ朝。

ちれい。
ちれい。ほんとはもっとずっと。

古木の。以上。

|

2010.11.26

いっそのこと。

雨上がり。

いっそのこと、おちてしまえばいいのに。。

いっそのこと。
よけいなお世話ですが。

以上。

|

2010.11.20

雨上がりの。

雨上がりの寒い朝でした。

足元に赤い実が。かわゆい。

雨上がりの。
おそらくヒヨドリジョウゴ

ナス科。以上。

|

2010.11.11

小春日和に。

上着いらずの

小春日和に誘われ。でも冬はもうすぐそこに。

小春日和に。
もうすぐ冬だけど、いいのかキミは。

以上。

|

2010.11.07

晩秋の。

いよいよ

晩秋。そして晩秋。ああ晩秋。

晩秋の。
ちっとだけはっぱが色づき始めて。

以上。

|

より以前の記事一覧