10 posts categorized "[映画]1950年代以前"

2006.06.17

『ライムライト』

ライムライト コレクターズ・エディション 

今日はチャップリンの1953年監督作品の『ライムライト』を観た。 アメリカでの最後の作品。

Continue reading "『ライムライト』"

| | Comments (1)

2006.05.09

『蜘蛛巣城』

photo
蜘蛛巣城(1957)
三船敏郎 山田五十鈴 千秋実
東宝 2002-11-21

by G-Tools , 2006/05/09

昨夜、ふとTVをつけると黒澤明の『蜘蛛巣城』が始まるところだった。
日本映画専門チャンネルで。

Continue reading "『蜘蛛巣城』"

| | Comments (0)

2006.05.05

チャップリンの『街の灯』

photo
街の灯 コレクターズ・エディション
チャールズ・チャップリン ヴァージニア・チェリル フローレンス・リー
ジェネオン エンタテインメント 2004-01-23

by G-Tools , 2006/05/05

チャップリンの『街の灯』を観た。名作ですっ!

Continue reading "チャップリンの『街の灯』"

| | Comments (0)

2006.02.01

『熱いトタン屋根の猫』

今日は、テネシー・ウイリアムズの戯曲をリチャード・ブルックスが脚本・監督した『熱いトタン屋根の猫』をdvdで観た。とても面白かった。
1958/米

Continue reading "『熱いトタン屋根の猫』"

| | Comments (0)

2006.01.16

『嵐の三色旗~二都物語~』

原作:チャールズ・ディケンズ

『嵐の三色旗~二都物語~』を観た。

Continue reading "『嵐の三色旗~二都物語~』"

| | Comments (0)

2006.01.07

『孤児ダビド物語』

原作:チャールズ・ディケンズ

今はもう、ごひいきの俳優や監督は新作映画に出演しないし撮らない。競うように新作映画をチェックする必要がなくなった。淋しいことだ。

1935/米

Continue reading "『孤児ダビド物語』"

| | Comments (0)

2005.12.27

『怒りの葡萄』

スタインベックの原作をジョン・フォードが映画化した『怒りの葡萄』をdvdで観た。
1939/米

アメリカ中部に砂嵐地帯(Dust Bowl)と呼ぶ乾燥地がある。この乾燥と貧困が多くの農民の生活を不能にした。これは自然の猛威と経済変動に土地を追われ、安住の地と新しい家を求めて長い旅に出る農民一家の物語である。

Continue reading "『怒りの葡萄』"

| | Comments (0)

2005.12.16

『オリバー・ツイスト』1947

原作:チャールズ・ディケンズ

何年か前の年末に『クリスマスキャロル』漬けになって以来、この時期になるとディケンズ原作の映画を観るようになった。『クリスマスキャロル』や『大いなる遺産』もそうだが、この『『オリバー・ツイスト』も過去に何回もドラマ化や映画化されていて、各時代に制作されたものを比較するのが面白い。

この三作品に関しては、アニメやマペット版も交えても制作年度が古いほど好きだ。来春早々にはロマン・ポランスキー監督の『オリバー・ツイスト』も公開されるというので今から楽しみにしている。

今日観たdvdは、デビッド・リーン監督の『オリバー・ツイスト』。

1947/英

19世紀のイギリスを舞台に、過酷な状況で生まれ劣悪な環境に育ち、オトナの欲望や思惑に翻弄される少年、オリバー・ツイスト。

今回観たデビッド・リーン監督の『オリバー・ツイスト』の素晴らしさは特に冒頭の導入部。

Continue reading "『オリバー・ツイスト』1947"

| | Comments (0)

2005.11.26

『第三の男』

どうも最近寝起きが悪い。明け方になんだかよくわからないゴチャゴチャとした夢を見た。内容はひとつも覚えていない。あまりよい夢ではなかったことだけ覚えていたみたい。色付きだったかモノクロだったかも不明。

今日もdvdを観た。
できるだけ没頭できる映画がいいと思ったので、結構好きな『第三の男』を。大切なシーンに猫も出演しますしね。1949/英


戦勝国4カ国に分割統治されている戦後のウィーン。瓦礫の街と下水道。そびえ立つ観覧車。罪状からして極悪人なのにどうしても憎めないハリィ・ライム。まことにいい映画だわ。

| | Comments (0)

2005.09.16

「欲望という名の電車」

小田島版テネシー・ウィリアムズ「欲望という名の電車」

星のコトはよく知らない。
けれども、星占いの星座の名前は知っている。
今はたしか乙女座?
昨日読んだ戯曲の主人公も乙女座だった。

Continue reading "「欲望という名の電車」"

| | Comments (0)