« June 2008 | Main | August 2008 »

11 posts from July 2008

2008.07.28

週末

土日は、『27時間テレビ』が面白かった。

ここ数年地上波を観ることがほとんどなくて、それも24時間とか27時間とかなんたらという番組にまったく興味をそそられもしなかったんだけれども、今回の番組には開始前からテレビっ子魂をくすぐられたね、なぜか。そして実際とても面白くて久しぶりに腹抱えて笑った。

腹抱えて笑ったといえば、最近 Gyao Next で観た『アメリカン・ダンスアイドル』には結構笑わしてもらった。わたくしが観たのは第2シーズンなのだが、コレの面白さは本選に入るまでのオーディションの方。ひじょうにおもちろかった。

おもちろかったといえば、こないだチャンネルNECOでやっていた長谷川一夫主演の映画『藤十郎の恋』(1938)が面白かった。長谷川一夫の所作の美しいこと。。監督が山本嘉次郎で、製作主任に黒澤明の名があった。古い映画なので画質や音声がひじょうに悪いが、それでもよい映画だった。わたくし、泣いちゃった。

余談だが、

このモノクロ映画には花売りが出てくるんだね。たぶん原作にはない「お花いらんかねー」みたいな花売りが。で、ついつい『欲望という名の電車』を思い出しちゃったんだ、脈絡なく。『欲望という名の電車』にも花売りが出てくるっていうだけなんだけど「フローレス、フローレス・・・」と繰り返す花売りの暗い声にかぎりなく狂気の近くにいるブランチはおびえるという場面があるのねー。。『欲望という名の電車』では花売りは不吉なのねー。『藤十郎の恋』となんら関係ないはずなんだけども、なんか、そーいうこと思い出しちゃったのねー。。

週末、暑さのあまり煮えたぎったアタマで人間の狂気について考えたという、ただそれだけの話。

以上。

|

2008.07.23

「崖の上のポニョ」

グランマンマーレとリサの英断に

感動した。だって、「託す」というのはたいへんなことだし「託される」ことも。

今回の宮崎アニメ「崖の上のポニョ」はシンプルだからこそ悲壮なまでのメッセージ性が際立って成功しているんじゃないかと。メッセージが万人に通じるか通じないかは別にして。それに、

かわいいよ、子供も老人も。

それにしても、

歌っているのがまりちゃんズとは。。。

「ブスにもブスの生き方がある」の。

まりちゃんズの世界(ベストセレクション)

以上。

|

2008.07.20

microSDを4GBにしたけれど

ほぼ日刊イトイ新聞で

『吉本隆明 五十度の講演』MP3セットを予約したので、膨大な講演をアドエスで聴くために、先日 microSD を 4GB にした。microSDHC4GB 1699円。

で、おかげさまで、777-Team SDHC というドライバを入れたらすぐに認識してくれた。

でも、

アドエスのmicroSDを4GBにした。

というワケで、8GB にすればよかったという、ただそれだけの話。

追記

その後、やっぱり8GBにした。

以上。

|

2008.07.19

「五右衛門ロック」

新宿コマ劇場の

「五右衛門ロック」を観に行った。

オープニングから数回にわたるカーテンコールまで終始ひじょうにエキサイティングなショウ。 看板の古田新太が大衆演劇の気安さをかもしだしていて楽しく、坊ちゃん嬢ちゃん大ヨロコビでスタンディング。

特筆すべきは、川平慈英かなー。すばらしい。

開演前には

アドエスを黙らせてからデバイスロック。

開演前にはサイレント

以上。

|

2008.07.18

「道元の冒険」

Bunkamuraシアターコクーンの

「道元の冒険」を観に行った。

寝不足で前半ちょいと眠かったわたくしも、後半はめいっぱい笑った。

今回も木場勝己が大活躍。すばらしい。

あまりにも知識不足だったので、前夜基礎知識をメモしてアドエスにいれておき、劇場に向かう車中で「おさらい」した。

道元の冒険を観た日のアドエス

泥縄ですな。

以上。

  • タイトル:道元の冒険
  • 開始日時:2008-07-07
  • 終了日時:2008-07-28
  • 場所:Bunkamura シアターコクーン

|

2008.07.13

ぶらり六義園

ぶらり散歩に出て

道に迷い、あてどもなく歩いていたら、六義園(りくぎえん)の入り口に行きついた。

梅雨時の木立はさぞかし美しかろう...

そう思ったので、入園料を支払ってさっそく六義園の森林部を散策した。まず目をひかれたのはトウカエデのみごとな古木である。わたくしがケチな定点観測している近所のトウカエデはせいぜい20年の若い木なので、ここのトウカエデにくらべたらうんと若輩だ。いわば、くちばしの黄色いヒヨッコだ。ケツの青い小僧だ。うすっぺらい青二才だ。

言い過ぎた。

とはいえ、六義園といえば、

徳川5代将軍・徳川綱吉の側用人・柳沢吉保の下屋敷に、吉保自らが、和歌の世界を庭園で表現しようと設計、開園させたものである。六義園

ということだから、たしかに、比べようもない由緒ただしき老木なのである。いやいや、感動した。ぜひとも紅葉の時節にまた訪れたいものだ。

でも、また迷子になっちゃうかもっ。。

六義園
(お池が鏡のようでございました。)

以上。

|

2008.07.11

アレの発売に寄せて

今日のアドエスToday

と申しましても、Spb Mobile Shell と Spb シリーズを導入した今となっては Spb Mobile Shell の「現在画面」が実質上のToday となってしまった。Today をあれこれいじって箱庭セラピーもどきなひと時を楽しめなくなったことによる一抹の寂しさは否めないものの、使い勝手がはげしく便利になったのも、これまた事実である。

Spb シリーズという決して安価とは言い難いシェアウェアに手を出したのは、おりしも本日発売のアレへの抑えがたい憧憬と発表以来日々膨れ上がってゆく購買への衝動をなんとかアレしたいという一念からである。

そして、ああ、とうとうソレが発売されてしまった。

まぁ、何にせよ急ぐことはあるまい。

Continue reading "アレの発売に寄せて"

|

2008.07.07

ぶらり路地裏

つゆのひぬまの路地裏探訪。

つゆのひぬまにぶらりと散歩に出たら、見知らぬ路地裏に迷い込んでしまった。

わたくしは地図が読めない方向オンチ。

ぶらり路地裏

こういうこざっぱりとした路地裏には、ちょいと強面のオス猫が似合うかも。

以上。

|

2008.07.06

ぶらり巣鴨へ

お散歩に行った。

梅雨時だし朝早かったしで、江戸六地蔵第三番・真性寺は空いていた。

江戸六地蔵尊・真性寺

巣鴨・江戸六地蔵尊は294年前に造立され、数々の災難を免れて今もここに座しておられる。が、さすがに老朽化したため、このたび修理期間に入るそうだ。いやナニ、お地蔵様のかたわらの立て看板にそう書いてあったんで。修理前のおすがたを拝見できて光栄ですじゃ。

IMG_2587.JPG
江戸六地蔵第三番・真性寺

以上。

|

Pocket Player 3.6をお試し

直感的なインターフェイスが

とても魅力的なPocket Player 3.6をアドエスでお試ししちゃった土曜日の午後。

  • 音楽や動画をフルサポート
  • 10 バンドイコライザとプリアンプがプリセット
  • インターネットラジオ・mp3ブログ・Podcastのウェブガイド
  • 自動生成されるスマートプレイリスト
  • Bluetooth対応
  • 30日間のお試し期間付き
  • 以下省略

PocketPlayer1気にいっちゃったなー。どっしよっかなー。 オーディオブックやPodcastの場合にはブックマーク機能があるらしいぞ。まだ試していないけれど。 以上。


|

2008.07.04

猫とわたくし「よい脚本よい映画」

姫さま。やはり、梅雨どきは映画どきです。

姫さま劇場

梅雨入りしてからというもの、足が自然と映画館に向きます。

今回も2本。『JUNO/ジュノ』『歩いても 歩いても』

よい映画を観ました。よい脚本。

猫とわたくし「よい脚本よい映画」
「で、その脚本とやらは喰えるのか?」

喰ってはいけません。飲み込まずに味わいましょう。

以上。

|

« June 2008 | Main | August 2008 »