« ペラペラヨメナ | Main | アジサイ[1] »

2008.06.02

猫とわたくし「梅の実が熟すころ 」

梅雨をなぜ「梅雨」というのか。

姫さま劇場

姫さま、また雨が降りはじめました。

前回も結構まとまった雨が降り、よもや入梅ではと心配になりました。

だって、それはいくらなんでもすこーし早すぎですから。

それにしても、

梅雨って、どーして梅雨というのでしょーか?

と、検索してみたら、目からウロコ的なアレでございましてね。

まずは思ったとおり、

梅の季節は初春ですが、それは花であり
実が熟すのはちょうど6月、梅雨の頃だからです。
「森田さんに聞いてみよう」お天気Q&A

ということですが、その後がけっこうおもしろかった。

わざわざここに書きませんけどね。

そういうワケで、梅の実が熟すころに降り続く雨だから「梅雨」と呼ぶみたいですよ、姫さま。

美猫
「で、その梅雨は喰えるのか?」

喰えませんってば。

以上。

|

« ペラペラヨメナ | Main | アジサイ[1] »

[2]猫とわたくし」カテゴリの記事