« スイカズラ | Main | マメグンバイナズナ »

2008.05.25

芹がない。

春の七草を近所で集めようと思っていたが

ムリだった。セリがない。

正月明けに七草粥を食べる風習が日本にはある。いや、あったらしい。 「あったらしい」というのは、わたくしが未だかつて一度も七草粥を食したことがないため。

で、この春、わたくしもようやく雑草に興味を覚えだしたので、せっかくだから「春の七草」を近所の道端で集めてみようかと思ったのだが、これが存外に難しかった。最後の二つは蕪と大根なので、残る5種、セリ・ペンペングサ・ホウコグサ・ハコベ・コオニタビラコを探したんだが、セリとコオニタビラコがどーしてもみつからなかった。近所の道端にはぜんぜんなかった。 セリって言ったらさ、昔からアレだろうに、ないとは。。

なにとなく芹と聞くこそあはれなれ
摘みけん人の心知られて

ななくさに芹ありけりと見るからに
ぬれけむ袖のつまれぬるかな
西行 (新潮文庫)

ってな。。

そうしている内に、帰化植物ばかりいっぱい集めてしまった。

ま、そーいうことだ。

参考
春の七草とは、
芹(せり)
薺(なずな・ペンペングサ)
御形(おぎょう・ごぎょう・ホウコグサ・母子草)
繁縷(はこべら・ハコベ)
仏の座(ほとけのざ・コオニタビラコ・小鬼田平子)
菘(すずな・蕪)
蘿蔔(すずしろ・大根)

以上。

|

« スイカズラ | Main | マメグンバイナズナ »

[1]年々歳々」カテゴリの記事