« 猫とわたくし「朝はどこから」 | Main | 「草枕」 »

2008.04.09

「落花の時節、また君に逢う」

週末に名残の桜を見がてら

ぶらぶら散歩にでかけ、木々の生長っぷりに感嘆したり、若葉にびっしりついた虫に驚かされたりした。帰り道で、去年出会ったお散歩猫と一年ぶりに再会し、思わず杜甫の詩の一節を思い出した。

「落花の時節、また君に逢う」

いや、なんとなく。まじで。

さて、寒い冬がようやく終わり、春が来て、木々がものすごい勢いで芽吹き始めた。ことに落葉樹は刻々と姿を変えて生長するので一日だって目が離せない感じだ。もちろん、中にはもう花を咲かせてた木もあって、晩秋から冬の間、木々は、このときのためにじっとチカラを蓄えていたんだなぁと、いまさらながら感動した。

木々の芽吹きはそれぞれがとても個性的だ。葉が先だったり花が先だったり、はたまた花と葉がいっしょに展開する木もあった。

姿かたちもそれぞれ違っておもしろい。

ハナミズキも冬芽の時期が長かったけれど、やっと開き始めた。

春は思いのほか短い。

桜が散り始めたと思ったら、もう街路樹のツツジがちらほら咲き始めた。

ツツジが終わるころにはもう初夏になる。

「落花の時節、また君に逢う」

杜甫「江南にて李亀年に逢う」

岐王の宅裏、尋常に見し
崔九の堂前、幾度か聞きし
正に是れ江南の好風景
落花の時節、また君に逢う

以上。

|

« 猫とわたくし「朝はどこから」 | Main | 「草枕」 »

[1]年々歳々」カテゴリの記事