« March 2008 | Main | May 2008 »

30 posts from April 2008

2008.04.30

ハクウンボクの開花

咲いた。

朝、散歩に行くと、ハクウンボク(白雲木)の花が咲き始めていた。いよいよ初夏の趣。

ああ、あれからもう一年たったのか。感慨無量である。

うれしいなっと。

咲き始めたハクウンボク
(咲き始めたハクウンボク:ここは横浜。)

以上。

|

2008.04.29

ヒメオドリコソウ

草の名前

朝、散歩に行くと、コンクリートの小さな裂け目でヒメオドリコソウが咲いていた。

ヒメオドリコソウは、ヨーロッパや小アジア原産の帰化植物。明治中期に渡来したと言われているらしい。小アジアというとアナトリア半島。余談だが、アナトリア半島が大昔にヨーロッパとアジア両大陸と地続きだった可能性があるとかいう記事を最近読んだばかり。スンダランドのこともあるし、そういうこともなくもない。

それにしても、帰化植物って生命力が強い。

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)
シソ科オドリコソウ属
小アジア原産の帰化植物。

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)
(2008/04/22撮影)

以上。

|

2008.04.28

カントウタンポポ・セイヨウタンポポ

草の名前

タンポポはかわゆい。が、かなりしぶとい。

カントウタンポポ(関東蒲公英)
キク科タンポポ属
総苞片 上向き・角状突起

カントウタンポポっていうか、日本のタンポポ。よくわからないし。

カントウタンポポ(関東蒲公英)
(2009/04/20撮影)

Continue reading "カントウタンポポ・セイヨウタンポポ"

|

2008.04.27

国宝薬師寺展で

日光菩薩と月光菩薩を見る。

東京国立博物館で開催中の「平城遷都1300年記念 国宝 薬師寺展」はとても混んでいた。いつものことだけれど、仏像は大人気。薬師寺東塔の水煙とか、薬師三尊像のうちの日光菩薩と月光菩薩、吉祥天女彩色画や薬師寺鎮守八幡宮の三柱の神像などを見てきた。

Continue reading "国宝薬師寺展で"

|

2008.04.26

亀戸天神の藤まつり

風は藤色

亀戸天神
亀戸天神社ホームページ

亀戸天神 藤まつり

フジの花の香りでむせ返るような亀戸天神社

どこを見ても、藤色。吹く風すら藤色。

定番のくずもちを喰って満腹。

Continue reading "亀戸天神の藤まつり"

|

2008.04.24

シャガ・ベニシジミ・ニホントカゲ

お散歩日和だったので

シャガを見にお散歩に行ったら、ベニシジミ・ニホントカゲがいた。

シャガ(射干)
学名:Iris japonica

シャガ
(シャガ:公園に群生)

Continue reading "シャガ・ベニシジミ・ニホントカゲ"

|

2008.04.23

トチノキの春

トチノキの花が咲くまで

トチノキとは、マロニエのことである。マロニエと呼ぶと一気におサレ感が増す。が、しかし、わたくしはあえてこの木を「トチノキ」と呼ぶことにする。トチノキは公園樹や街路樹のほか、幹は建築材や器具材として用いられるそうだ。

トチノキはとても身近な木だ。日本中ほとんどの地域にフツーに植えられている落葉高木である。わたくしのお散歩コースにもトチノキの並木があり、身近な存在ゆえに、見るともなしに毎日見ている。というワケで、冬にはすっかり葉を落として枯れ木のようだったトチノキに春が訪れ、小さな冬芽がふくらんで、ほころんで、葉が茂り、花が咲くまでの、驚異的ともいえる急展開を記録しておこう。

思えば、春の初めに見たトチノキの冬芽は、筆の先っぽに似ていたっけなー。
りるる文庫:トチノキ>>

トチノキの若葉の展開 1

Continue reading "トチノキの春"

|

2008.04.22

Harbotのサービス終了

猫とわたくしとHarbot

姫さま、かなしいお知らせです。

IMG_1288.jpg

ブログをはじめて以来、ずっとサイドバーでお留守番をしてくれたハーボットの榮たんとお別れすることになりました。かなしいですねぇ。7月31日でサービス終了だそうですよ。 わたくし、二三日前にちょっと気になって、ハーボットの生みの親SONS,.Ltdのページに行ってみたばかりでした。でも、行ったところで何もわからず、どーしたんだろうと心配していたのでした。

でも、しょーがないですね、はじめがあれば終わりも来る。

問題なのは、今までブログを更新する目的がHarbotのごはんのためだったというわたくし自身の今後ですわ。

困りましたわ。 以上。

姫さま劇場

|

イスノキ

木の名前

イスノキ(柞)
マンサク科イスノキ属
備考 常緑高木

イスノキ(柞)
(2008/4/21撮影)

以上。

|

2008.04.21

フレディ・マーキュリー「バルセロナ」はすごい。

昨日のお買い物

昨日、フレディ・マーキュリーがスペインのオペラ歌手モンセラート・カバリエと共演したアルバム「バルセロナ」を買った。

というのも、なぜか、その朝寝起きに、そんなはずはないのに「ボヘミアン・ラプソディ」が耳元で聞こえたんだ。うふふ。マジで。それもとびきり格調高く。ソラミミといえばソラミミなのかもしれないんだけれども本当に聞えたんだもん。わたくしは直感を信じるタイプだ。というか、信じたいだけなのかもしれないんだけどさ。

Continue reading "フレディ・マーキュリー「バルセロナ」はすごい。"

|

2008.04.20

ツルグミ

木の名前

ツルグミ(蔓茱萸)
グミ科グミ属
備考 常緑のつる性低木。花期は10~11月
ツルグミの実

ツルグミ
(ツルグミ:2009/2/14差替)

Continue reading "ツルグミ"

|

2008.04.19

猫とわたくし「静かな雨の夜」

雨は

小止みもなく降り続いています。風はもう止みました。

静かな夜です。

猫はよく眠っています。

猫とわたくし「静かな雨の夜」

以上。

|

2008.04.18

キブシ

木の名前

キブシ(木五倍子)
キブシ科キブシ属
備考 落葉低木
3月のキブシ

キブシ(木五倍子)
(キブシの花:2008/3/22撮影)

Continue reading "キブシ"

|

2008.04.17

「テソーミ」

「じぶんでテソーミ」をやってみた。

テソーミとは、自分の手相を見ながら14個の設問にクリックで答えることでいろいろなことがわかるらしい手相見。

ほぼ日

ほぼ日刊イトイ新聞 「じぶんでテソーミ」
「ほんとうのわたし編」

Continue reading "「テソーミ」"

|

2008.04.16

日本の中心部は

ちょっとかすんで見えた。

昨日は今年一番の暖かさだったらしい。

IMG_1647.JPG

日本の中心部
千代田区

散歩

以上。

|

2008.04.15

「草枕」その二

続・春眠の猫のかたわらで「草枕」を読む

姫さま劇場書籍

姫さま、ヒバリはおしゃべりですね。あんなに元気でにぎやかな鳥のさえずりを、わたくし、初めて聞きました。いえ、それが本当にヒバリのものだったかは定かではありません。ただ、同行者が「あ、ヒバリが鳴いている」と言ったので、「そうか。アレがヒバリの鳴き声なんだな」と、信じただけのことです。

ところで、雲雀は口で鳴くのではなく魂全体で鳴いているんだそうですよ。いえ、先日読んだ「草枕」にそう書いてあったので、「ああ、ヒバリは魂全体で鳴くのか」と、信じただけのことです。

IMG_1309_01.jpg
「で、そのヒバリとやらは、喰えるのか?」

Continue reading "「草枕」その二"

|

2008.04.14

coffee break

珈琲

最近、グアテマラとかコロンビアとかのコーヒーがウマいと思う。

珈琲に利尿効果があるのは本当だと思う。けれど、個人差があるのかもしれないが覚醒効果はまったくないとも思う。だって眠いときゃどーしたって眠い。

コーヒーでこの眠気は払拭できない。

払拭
ぬぐい去ること。すっかり取り除くこと。

だけど珈琲好きだから、

朝も、

IMG_0155.jpg

Continue reading "coffee break"

|

2008.04.12

「花の色は移りにけりないたづらに」

猫とわたくしの、花にもの思う春。

花散らしの雨があがり、満開だった桜はほぼ散ってしまいましたね、姫さま。でも、桜にはたくさんの種類があって、アレはなんという名の桜なのでしょう、八重の桜が房になって、今朝はみごとに咲いていました。

それでも、つい先日までこれでもかっていうくらい盛大に咲き誇っていたソメイヨシノの薄紅色の花びらが歩道の上で色あせてゆくのはそれなりに「あはれ」で無残な感じも否めず、ああ、今年の春も終わったなーと、そこはかとなくさみしい気がします。だって、 ほら、花が散るのはただ花が散るということだけではなくて、花が散るのを見て「はかなさ」やらなにやらを「もの思う」でしょうが。ま、だいたいこんな感じ で。

わたくしの「花にもの思う」というのはたとえばアレですよ、アレ。

小野小町

「花の色は移りにけりないたづらにわが身世にふるながめせし間に」

花にもの思う猫

ま、お互いにナニですから、この小野小町のお歌も結構沁みると、そういうことですね。

沁みる
(こころに)深く感じること

以上。

|

2008.04.10

甘い誘惑

今日は雨。

ごちそうさまの直前の、甘い誘惑。

IMG_1616.JPG

以上。

|

「草枕」

春眠の猫のかたわらで「草枕」を読む

姫さま劇場書籍

姫さま、わたくし、「草枕」 をさきほど読み終えました。あんまり面白くて行きつ戻りつを繰り返したために、読み終えるのにずいぶんと時間がかかってしまいました。

有名な第一章の冒頭から最終章まで、それはそれははみごとな筆致でございました。で、わたくし、「草枕」の主人公の真似をして、「春眠の猫のかたわらで草枕を読む」という絶句を試みましたが、全然ムリでした。無謀だったようです。マジで。

絶句
四句から成る漢詩の形式。起承転結の形式を持つ。

Continue reading "「草枕」"

|

2008.04.09

「落花の時節、また君に逢う」

週末に名残の桜を見がてら

ぶらぶら散歩にでかけ、木々の生長っぷりに感嘆したり、若葉にびっしりついた虫に驚かされたりした。帰り道で、去年出会ったお散歩猫と一年ぶりに再会し、思わず杜甫の詩の一節を思い出した。

「落花の時節、また君に逢う」

いや、なんとなく。まじで。

さて、寒い冬がようやく終わり、春が来て、木々がものすごい勢いで芽吹き始めた。ことに落葉樹は刻々と姿を変えて生長するので一日だって目が離せない感じだ。もちろん、中にはもう花を咲かせてた木もあって、晩秋から冬の間、木々は、このときのためにじっとチカラを蓄えていたんだなぁと、いまさらながら感動した。

Continue reading " 「落花の時節、また君に逢う」"

|

2008.04.08

猫とわたくし「朝はどこから」

おはよう、姫さま。

唐突ですが、

そういえば姫さま、 朝はどこから来たんでしょうか?

まさか、空を越えたり雲を越えたりして光の国とやらから来たワケではありませんよね?

IMG_0657.JPG
「いやいや、そーではありません。ソレは希望の家庭から。」

「朝はどこから」

以上。姫さま劇場

|

2008.04.07

ハナカイドウ

木の名前

ハナカイドウ(花海棠)
バラ科リンゴ属
備考 落葉小高木

ハナカイドウ(花海棠)
(2008/4/04撮影)

以上。

|

2008.04.06

猫とわたくし、夜明けの邂逅。

姫さまは夜行性

邂逅[かいこう]
思いがけなく、あるいは偶然に出会うこと。

姫さまは完全室内生活猫である。それでもやはり、野生の名残で夜行性らしい。あるとき、夜明けの徘徊に遭遇。わたくしの気配にふり向いた姫さまの表情は、一瞬だが、いつもとまったく別の顔。まるで見知らぬ他猫のようだ。

おお、なんてミステリアス。

猫とわたくし、夜明けの邂逅。

訊いてみたいね、答えてくれるなら。

こんな時間にナニやってんの?って。

以上。

|

2008.04.05

ハナズオウ

木の名前

ハナズオウ(花蘇芳)
マメ科ハナズオウ属
備考 落葉小高木

ハナズオウ(花蘇芳)
ハナズオウの花。(2008/4/04撮影)

Continue reading "ハナズオウ"

|

2008.04.04

猫とわたくし

今日もかわゆいうちの猫

姫さま劇場

姫さまは、ある固有な点においてかなり疑り深い。

そして、初対面はかなり無愛想である。

そこが、すてき。

IMG_0454_01.jpg

以上。

|

2008.04.03

NHK特集「野生のシグナル」

無人島でオオセグロカモメの子育てを検証

先日、GyaO NEXTでNHK特集「野生のシグナル」を観た。わたくしは古いドキュメンタリーが好きだ。

オオセグロカモメの親鳥とヒナの、音声(鳴き声)によるコミュニケーションの検証。危険を知らせる親鳥からのシグナル(鳴き声)を聞き分ける能力はヒナが先天的に持ち合わせているもので、危険が去ったことを知らせるシグナル(鳴き声)を判別する能力は学習によって得られるらしいという実験結果。まず第一に身を守り危険を回避し、この他のことは、日常的に繰り返される生命の危機の中から学ぶという、生き延びるためのキビしい野生の習い。

Continue reading "NHK特集「野生のシグナル」"

|

2008.04.02

コブシ

木の名前

コブシ(辛夷、拳)
モクレン科モクレン属
備考 落葉高木 

コブシ(辛夷、拳)
(2008/4/01撮影)

以上。(移動)

|

猫とわたくし

今日もかわゆいうちの猫

姫さま劇場

姫さまは隠れ家におこもり中。

猫には隠れ家が必要です。

IMG_0592.JPG
「しばらくほっといて」

以上。

|

2008.04.01

ヤマモモ

木の名前

ヤマモモ(山桃)
ヤマモモ科ヤマモモ属
備考 常緑高木 果実は食用になる。

ヤマモモ(山桃)
(2008/6/17撮影・差替)

以上。

|

« March 2008 | Main | May 2008 »