« 待つ猫 | Main | 倉本聰のシナリオ「あにき」を買ったんだ。 »

2007.06.16

倉本聰のシナリオ「君は海を見たか」を買ったんだ。

谷川俊太郎の「生きる」

古本屋で倉本聰のシナリオを買った。「君は海を見たか」の。

君は海を見たか―Sc´enario・1982 (1982年)

[photo]書籍

というのも、先日谷川俊太郎の「生きる」という詩をふと思い出したからだ。

谷川俊太郎詩集 いまぼくに (詩と歩こう)

で、わたくしにとって谷川俊太郎の詩「生きる」といえば、昭和57年の秋から年末まで放送されたフジテレビのドラマ「君は海を見たか」のラストシーンなのだ。

生きているということ
     いま生きているということ

「君は海を見たか 」で、余命わずかな息子の将来について父親が息子に話す場面があった。 印象的だったので一応引用しておく。

そしてお前はやがて二十歳になる。
二十歳になったら、お前はパパとバーへ行く
バーでおれたちは一緒に酒を飲む
パパとお前は二人だけで話す
お前はその時恋をしている
お前ははにかみながらその少女のことを、パパにおずおずと切り出してくる。その娘はきれいだとお前はいう
逢って欲しいとお前はいう
その時パパは(突然涙で絶句する)その時...パパは...

tag:書籍 倉本聰

|

« 待つ猫 | Main | 倉本聰のシナリオ「あにき」を買ったんだ。 »

[1]年々歳々」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.