« 猫と梅花 | Main | 初詣と猫 »

2007.02.02

膝の上の猫

猫とわたくし「毛布」

ある夜日記をしたためていると、いつの間にか姫さまが膝の上。ひざ掛けがわりの毛布にもぐりこんで、わたくしをジッと観察していた。。

[photo]美猫

おおジッと見てますね、姫。

「毛布あたたかき膝の上に
いと美はしき猫が面...」

[photo]美猫

まだ見てますね。

「われはほほえみ猫耳を
二つにわけてひろぐれば...」

[photo]

もう、しょうがないなぁ。

「うら若草のはつ花も
はな白みてやなお白く
毛布の間のそこかしこ
面映げにも覗くらむ。」*

なんちって。。

* 参照
海潮音―上田敏訳詩集
海潮音―上田敏訳詩集
posted with amazlet on 07.02.02
上田 敏
新潮社
売り上げランキング: 60661

|

« 猫と梅花 | Main | 初詣と猫 »

[2]猫とわたくし」カテゴリの記事

Comments

うちでは、居候とコタツのセンターポジションを取り合ってます。(笑)
足で真ん中から強制退去させると
う~ってうなり声上げて抗議します。
さらに強制執行しようものなら・・・

熾烈です。(笑)

Posted by: どら猫 | 2007.02.02 at 21:16

The comments to this entry are closed.

« 猫と梅花 | Main | 初詣と猫 »