« 猫それぞれ | Main | 初夢と正月太りと猫 »

2007.01.06

自己表現する猫

姫さまにおける三つの自己表現

1.非主張的な自己表現
自分の意見や考えを表現しなかったり、表現するチャンスを逃してしまう。

[photo]美猫

「ちょ、ちょっと・・・」

相手に気持ちが伝わらず、結果として欲求不満やストレスがたまる。

2.攻撃的な自己表現
自分の考えや気持ちははっきりいうが、相手のいい分や気持ちは無視し軽んじる過剰な自己表現 。

[photo]美猫

「じゃま!そばにこないで!」

自分本位で他者否定的・操作的・支配的なため相手との相互尊重ができずよい関係が築けない。

3.アサーティブな自己表現
自分も相手も大切にしようとする自己表現で、自分の意見や考えを正直に、率直にその場にふさわしい方法で表現する。

[photo]美猫

「ねぇ、ここはこんなに狭いけれど、ご一緒してもいい?あなたのそばにいたいの。」

自分に自己表現の自由があるように、相手にも自己表現の自由を認める。

[photo]美猫

「もちろんよ。」

という具合にうまく行く場合も、時にはある。だが、いつもうまく行くとはかぎらない。何故なら姫さまは猫だから。

参照:「いえるけどいわない」自分になる

|

« 猫それぞれ | Main | 初夢と正月太りと猫 »

[2]猫とわたくし」カテゴリの記事

Comments

非主張的な自己表現
いい顔してますね。(笑)
さも迷惑そうな顔がなかなかいいです。(笑)
自分はこの顔見たさによく猫にちょっかいかけてます。(笑)

Posted by: どら猫 | 2007.01.06 at 19:50

The comments to this entry are closed.

« 猫それぞれ | Main | 初夢と正月太りと猫 »