« わたくしの「秋の日はつるべ落とし」 | Main | わたくしの「知恵の差三十里」 »

2006.10.20

秋の草

セイタカアワダチソウとススキ

[photo]ススキとセイタカアワダチソウ、どっちが生き残るか。

セイタカアワダチソウの花粉が喘息を引き起こすとはずいぶんな濡れ衣だった。めでたく無実を勝ち取ったものの、ここ10年ばかりススキが優勢。。以前はお月見に飾るススキを調達するのにちょっと苦労したような気がするのだけれど。

[photo]群生する「えのころぐさ」猫じゃらしは別名狗尾草(えのころぐさ)というらしい。「えのころ」というのは、たぶん「いぬころ」がどっかで変化したんだろう。草姿が狗(いぬ)の尾に似ているから「いぬころぐさ」。
そういえば、子犬のしっぽにそっくり。子犬のしっぽにじゃれついて恍惚としている猫の姿を想像して笑いが止まらなくなった。

以上。

|

« わたくしの「秋の日はつるべ落とし」 | Main | わたくしの「知恵の差三十里」 »

Comments

天然猫じゃらしを使って猫と遊ぶと猫パンチ1発でへし折られるんですよね。(笑)

Posted by: どら猫 | 2006.10.20 20:21

The comments to this entry are closed.

« わたくしの「秋の日はつるべ落とし」 | Main | わたくしの「知恵の差三十里」 »