« 今日の猫 | Main | さよなら、芋虫君 »

2006.08.28

書籍「作家の猫」平凡社

姫さま、平凡社 「作家の猫」を語る。

昨日平凡社から出ている「作家の猫」を買ってきたにゃり。

作家の猫 『太陽』の「猫と作家の物語」を元に、追加取材・加筆・再構成したものだそうだ。 これはしゅてき。心温まりすぎて、何度も何度も泣いたにゃり。猫好きで有名な大仏次郎や内田百閒をはじめとして、ヘミングウェイ、夏目漱石、谷崎潤一郎、寺田寅彦、室生犀星、三島由紀夫や中島らもなどなどたくさんの作家と愛猫のほほえましい写真と、これまた興味深いコラムが添えてある。すごくてさすがな一冊にゃ。

室生犀星の「火鉢に手をかけ暖をとる、居眠り猫との幸せなひととき」の写真を見た下僕、今年の冬は絶対火鉢だ!そんで、幸せになるんだ!と息巻いていたにゃり。「マンションで火鉢は中毒の危険あり」ときつく叱ってやったにゃん。。下僕、しょんぼりしてたにゃり。

「猫と作家のコラム」もさすがだにゃあ。

以上。

|

« 今日の猫 | Main | さよなら、芋虫君 »

[1]年々歳々」カテゴリの記事

[2]猫とわたくし」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.