« September 2005 | Main | November 2005 »

16 posts from October 2005

2005.10.31

「炎のメモリアル」

今日のDVDは「炎のメモリアル」。2004/米/詳細

Continue reading "「炎のメモリアル」"

| | Comments (0)

ウォーキング距離

2005/10/1~10/31
2005103101.JPG2005103102.JPG
©Blog Meter(Texpress Corp.)
[My page]


今月は天候が悪い日が多かったように思っていたが、意外や意外!月間100kmのノルマ達成。

| | Comments (0)

2005.10.29

メモ

終了。

| | Comments (0)

2005.10.28

「永遠のマリア・カラス」

今日のDVDは、「永遠のマリア・カラス」。詳細
2002/イタリア/イギリス/フランス/ルーマニア/スペイン

天才的なオペラ歌手マリア・カラスの最晩年を描いた映画。晩年といっても亡くなったのが53歳。あたくしはあえて“夭折”と書きたいくらいだが。生誕80年を記念し、生前の彼女を知る人々が中心となって制作されたそうだ。生誕80年ってちょいと半端なような気もするが、ご友人たちもそれなりにお年をめされるワケだから、ま、動けるうちにぜひ撮っておきたかったのかなとしみじみ思った。マリア・カラスはシャネルを好んでおめしになったそうで、主演のファニー・アルダンの衣装はすべてシャネル。やっぱ、いいな、ファニー・アルダン。

Continue reading "「永遠のマリア・カラス」"

| | Comments (0)

2005.10.27

BlogPetが大幅リニューアル?

終了。

| | Comments (0)

2005.10.19

「耳なし芳一」の思い出

今日も雨。

いよいよ肌寒く、台風が接近。二三日前には地震があった。普段はかなり楽観的なあたくしだが、体調が思わしくなく、気分も低調が続いているためか、珍しくちょっと心配になった。もし大震災が起こり、それが冷たい雨が降る寒い季節だったらどうしよう。しかも大きな台風が接近していたらなおさら悲惨。広域避難場所はたしか埋立地だったはず。埋立地を広域避難場所にするって、実際、どうなのだろう、とか。いやいや、考えるのは止そう。少なくとも今日考えるのは止めておこう。

Continue reading "「耳なし芳一」の思い出"

| | Comments (1)

2005.10.17

「マシニスト」

今日も雨。10月の半ばともなると、さすがに肌寒い。

今日観たDVDの舞台となるのはロサンゼルス。だが、ワケあって猛暑の7月、しかもスペイン・バルセロナで撮影されたという映画。げにおそろしきは役者魂。脚本に「骸骨のような男」と書かれていたから30キロ減量して挑んだというクリスチャン・ベイルは、今年バットマンになった。
2004/スペイン/アメリカ 詳細

Continue reading "「マシニスト」"

| | Comments (0)

2005.10.16

「ぼくの命を救ってくれなかった友へ」エルヴェ・ギベール

“ぼく”

美しく才能あふれ、将来を嘱望されていたエルヴェ・ギベールはエイズ感染の告知を受け、この著作の刊行によって自らの病気を公表した後も著作を続け、その後病死した。一時、日本でもブームになった。頑固者はブームに乗り損ねる。で、今になって読んでいるというワケだ。

Continue reading "「ぼくの命を救ってくれなかった友へ」エルヴェ・ギベール"

| | Comments (0)

2005.10.15

ガス・ヴァン・サント「サイコ」

昨年の年末にヒッチコックのオリジナル版を観たばかりだったので記憶もまだ新しく、どうしても比べつつ鑑賞してしまう。その点で、大変面白い映画だった。ヒッチコックの「サイコ」を観ていないヒトがみたらどんな感想を持つのだろうか。オリジナル脚本を新キャストで撮り直すとはアッパレな心意気。撮影監督は、あのクリストファー・ドイル。サスペンスの金字塔であるこの「サイコ」をリメイクするにあたり、こう云っていた。

「ボクたちは、崇拝しないためにこの映画をリメイクするんだよ」1998/米

Continue reading "ガス・ヴァン・サント「サイコ」"

| | Comments (0)

2005.10.14

頭痛と日常

今日もよい天気だ。
雨が降るんではなかったのか。ま、いいけど。
朝から頭痛だ。いつもの鎮痛剤を切らしてしまい、息子にアスピリンを貰って飲んだ。ヤツは慢性的な寝不足で不摂生をしているため、たまに頭痛持ちになるそうだ。頭痛だからと言って予定を変更したり不機嫌な顔をしたりできないから、常にアスピリンを携帯しているそうだ。なるほどね。でも、夜更かしせずに早く寝ればいいんじゃないのか?そう云ったら、あからさまに不機嫌な顔をした。


アスピリンってよく効く。ついでにアスピリンで検索したら製薬会社のHPで「アスピリンと共に歩んできた製品パッケージの、100年以上の歴史をご覧下さい」というコンテンツがあった。アスピリンには100年以上、80ヵ国以上の実績があり、それぞれ製品パッケージも違う。とてもステキ。コレに限らず、昔の商品には優れたデザインが多い。現在のパッケージはシンプルかつ簡便。

また、このサイトの「アスピリン エピソード」というのも面白かった。「記号としてのアスピリン」だそうだ。そういえば、小説にも映画にもアスピリンが登場する。服用したことがなくてもおなじみの薬だ。なぜ、作家たちが言葉にならないものを伝える言葉=記号のひとつにアスピリンを選んだのか。そういうエピソードが連載されていたようだ。よい記事だ。

その答えは大変簡便で的を射た言葉で締めくくられていた。

答えは、カンタンだ。
それが、私たちの日常だからだ。

あたくしたちの日常は頭痛と共にあるらしい。

あたくしの頭痛はアスピリンでよくなった。だが、気をつけなくてはいけない。薬品の服用は正しい用法、用量を守りましょう。。

距離【3.6 】km
PageTop

| | Comments (0)

2005.10.12

「トータル カウリスマキ 4」

昨夜はDVDで英国ロイヤル・オペラを観た。
10年前だったらオペラなど観ようとも思わなかったかもしれない。オペラどころか、ミュージカルやバレエにもまったく興味がなかった。なんとなくこっぱずかしいというか。しかし、亀の甲より年の功とでも申しましょうか、最近では好き嫌いなくなんでも観る。楽しめるチャンスが増えてなによりではないかと。食べず嫌いや思い込みは損かも。

オペラを観ながら、先日観た映画のセリフをふと思い出した。
オペラは死んだ芸術だ

Continue reading "「トータル カウリスマキ 4」"

| | Comments (0)

生活の乱れはココロの乱れとはかぎらないぞ日記

秋も深まってまいりました。
ほんのひと月前は暑い暑いと騒いでいたのが、まるでうそのようでございます。あまりの過ごしやすさに、ここ数日、夕食後の片付けもせぬまま大爆睡。。目ざめるのがヒトさまがお休みになる深夜。それから皿洗いや入浴。そうしますと、もう眠れません。悪循環の秋の夜長。ああ、ああ、困ったちゃん。


そこで、急に思い立ち音読を。というのは、以前どこかで脳の活性化には音読が最適というお話を小耳にはさんだので。こうして唐突に何かを思いつくのが悪い癖。しかし、脳の活性化はとても大切ですので、できれば続けたいと思う。

脳を鍛える大人の音読ドリル
川島 隆太
4774307262

で、早朝、30分程度の音読をしてみた。おお、なにやらよい感じ。今日一日、妙にカツゼツもよかった。なにしろ、今日音読したのは太宰治の「駆け込み訴え」。ユダがよどみなくキリストについてのグチをまくしたてるあの短編だ。不思議と音読に向いている。

そうこうしているうちに、注文してあった英国ロイヤル・オペラ R・シュトラウス/楽劇「サロメ」のDVDが届いた。スゴイです。今夜も眠れない。いいものを観た。

距離【 】km PageTop

| | Comments (0)

2005.10.10

「タクシードライバー」

昨夜観たDVDは「タクシードライバー」。1976/米

最近、昔観た映画ばかり観ている。あまりに遠い昔のコトなので、ほとんど忘れている。これでは初見とかわらない。逆に新鮮だ。若いロバート・デニーロやハーベイ・カイテル、少女時代のジョディ・フォスター。制作側もそうそうたるメンバーだ。音楽はバーナード・ハーマン。

Continue reading "「タクシードライバー」"

| | Comments (0)

2005.10.07

太宰治「ア、秋」~トンボ。スキトオル。~

青空文庫で太宰治

今朝は思いがけなく秋晴れだった。
気をよくして、さっそくウォーキングにでかけた。ただ昨夜寝そびれて、一睡もせぬうちに夜が明けてしまったため、途中で倒れてもみっともないだろうから、1時間足らず、距離は4km足らずのショートコース。おしゃべりしながらなので、有酸素運動になっているかどうかは、たいへん疑問なんだけれども。

きんもくせいの香りのなかをおびただしい数のトンボが飛んでいて、ちょっと怖かった。情緒どころではない。

Continue reading "太宰治「ア、秋」~トンボ。スキトオル。~"

| | Comments (0)

2005.10.02

「隣の女」

十月だというのに蒸し暑い一日だった。
運動会のつきそいだった保護者さまはさぞかしお疲れでしょう。
今日観たDVDは、通俗的な出来事にこそ「愛の真実」があるというトリュフォー監督の「隣の女」。1981/仏 詳細

Continue reading "「隣の女」"

| | Comments (0)

2005.10.01

9月度アクセス状況

9月度のまとめ。


検索ワード

  1. 今村ねずみ「蜘蛛女のキス」
  2. 沢田研二
  3. レスリー・チャン
  4. ラジオ人生相談
  5. 「父と暮らせば」
  6. 「二都物語」
  7. 倉本聡
  8. 「最後の誘惑」
  9. 舞劇「覇王別姫」
  10. 「グレンミラー物語」

検索エンジン

  1. Yahoo!JAPAN 42.6%
  2. Google 33.7%

OS

  1. Windows XP
  2. Windows 2000
  3. Windows ME
  4. Macintosh
  5. Windows 98

ブラウザ

  1. Internet Explorer 6.0
  2. Internet Explorer 5.5
  3. Mozilla 1.7.10
  4. Safari
  5. Internet Explorer 5.01

言語

  1. 日本語 96.8%
  2. 英語
  3.  
  4. 中国語
  5.  

ファイルサイズのチェック
チェック結果
 評価 B-
 合計 68159bytes
 予想表示時間 9.74秒程度(56Kモデム単純換算。8秒が目安。)
 コメント:悪くありませんが、努力の余地があるかもしれません。

歩【】pt
PageTop

| | Comments (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »